松居和先生の推薦文をもらいました。


「便利な保育園が奪う本当はもっと大切なもの」の帯に松居和先生の推薦文をいただきました。

親を育てるのは、子供!

なぜ、いじめや幼児虐待に歯止めがかからないか。なぜ、社会は〇歳児を親から引き離そうとするのか。この本を読んで、政治家もマスコミも、そしてあなたも、真剣に考えて欲しい。社会(システム)で子育てなんてできるわけがない。

音楽家・元埼玉県教育委員会委員長 松居和

この本を読んで、考えて見て下さい。これまでの国や都の誤った保育施策の問題点をはっきり指摘し、問題の在処を示しています。同時に、この問題を解決する策として、本の後半には、保育園や幼稚園がなすべきことを記しました。是非、参考になさってください。

キーワードは「親心」を育てるです。

 


カテゴリー: 保育問題小論集   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">