『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの』が増刷となりました。


『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの」が増刷となりました。新宿紀伊国屋書店では、保育フェアーが行われており、そのコーナーで販売されていました。全体がピンクやブルーの表紙の保育関係書籍の中に、グレーの本が積まれているのですが、ちょっと場所が違うと思いました。

この本は、どちらかというと、社会学の部類に入ります。政治や行政の問題です。書店担当者の方が、この本を読んで、展示場所を変えてくれるとよいと思いました。

 


カテゴリー: 「便利な保育園」, 保育・教育   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">