香山リカのココロの万華鏡で

平成25年4月9日付、毎日新聞の「香山リカのココロの万華鏡」に次のような願いが書かれていた。

「いま子育て中の人には理由や条件抜きで、子どもに「世界一かわいいわね」「こんなにお利口さんはいない」と声をかけてあげてもらいたい。」、と。

香山氏は、親からの愛を受け取ることができなかった小説家の佐藤亜有子さんの若すぎる死を嘆いている。そして、「子どもの頃に親から愛されなかった」というココロの傷が、大人になってからも癒えない人は少なくないと指摘する。子どもの頃に無条件で愛され、思いやりをもらった子は、他人を信じることができる。そうした体験が不足すると、他人を信じることができにくくなるばかりか、自分をも信じることができなくなると言われる。

だから、香山氏は、子育て中の親は無条件で子どもを愛して欲しいと訴える。

杉並区を筆頭に、足立区、大田区、はたまたは埼玉県まで。待機児の子を持つ親たちの行政不服申請が続出している。

どうしても子どもを保育園に預けたいらしい。しかし、預けられる0歳や1歳の子供たちの心を考えてみれば、その子たちが、喜んで保育園に預けられたいと思っている訳がない。

世界一大好きなお母さんと一緒にいたいのである。

確かに、家のローンや家賃のことを考えれば、妻が働かなければやっていかないという状況は理解できる。でも一方で、柳美里氏が著作「家族の標本」で訴えていたこと、「家族の不幸は家のローンから始まる」といったことも考えてしまう。

お金が大事か、子どもが大事か、どっちだろうか。とにかく子育ての時間が失われる。子どもは一対一の関係を親に望んでいる。保育園ではそれができない。

昨日来園した保育園のパネルの修理にやってきてくれた部長さんが、「この年度末は、とても忙しかった。とにかく一ヶ月で保育園にしてくれというような要望が相次ぎ、結局手抜き工事のオンパレードになってますよ。」と、嘆いていた。

補足するが、この部長さんが扱ってくれたパネルはもう35年を経過しているのに、きちんと修理にやってきてくれるのですよ。このような方だから、現状について嘆かれているのだろう。

お話を聞いて、突貫工事で保育園を作っている社会の状況が分かった。やはり、この国の保育施策は、曲がり角を曲がってしまったのだと理解できた。

厚生労働省の村木厚子さんが、待機児解消のため、法律を前倒しにして、無認可保育所に国の補助を出すというようなことを始めたから、無節操な会社が、どんどん保育所を作り始めているということなのだろう。本当に困ったことだ。

 

 

カテゴリー: 「便利な保育園」, ワーク・ライフ・バランス, 保育・教育, 保育問題小論集, 保育行政, 家族 | コメントをどうぞ

あの藤永保先生から、熱き賛同のお手紙をいただく!

拙著『「便利な保育園」が奪う本当はもっと大切なもの』について、保育・教育分野の権威、お茶の水女子大学名誉教授の藤永保先生からお手紙をいただきましたのでご紹介いたします。

藤永先生のご著書「創造性教育」は、共励保育園の保育実践を理論的に支えてくださったものです。当時、保育士の皆さんと読み合わせをしながら学んだことを思い出しました。先生、有り難うございます。

 

藤永保先生からの手紙

(発達心理学者・お茶の水女子大学名誉教授)

平成25年2月20日

エデュケア21研究会でお話を伺ったとき、多年のご経験に裏打ちされた周到な保育を行っていられることに感銘を受けました。

今回のご著作は、そうした実践を続けてこられた方にふさわしい力作です。保育所での乳幼児にはどんな処遇が必要か、またそのために乳幼児の家族との協力と連携が不可欠であることがよく感得できます。

実践記録も、現在の保育所一般の水準からすると、よくもここまで考え抜き具体化できていると感嘆させられます。

その意味で、私が最も感動したのは、貴園保育士の方々がふつうは求められることのない厳密な保育計画の意義を理解し、進んでそれに取り組む姿勢です。勤続年数が平均よりはるかに長いというのも、驚きです。

保育所であろうと幼稚園であろうと、保育者の士気——あえていえば使命感の高さが何よりも大切であり、そのためには園長に意欲と見識があり、それが職員と保護者に十分浸透していることが必要だといつも痛感させられています。貴園には、それが実現されていることを感得できました。

政治家や官僚は、就学前の保育・教育が生涯発達の最初のステップ——基礎を作り、その後の発達を規定しかねない重大な意義を持つことをほとんど理解していません。

待機児童解消だけが急務と考え、保育所の利用者とは保護者以上に子ども自身であるという自明の事実に気づいていません。だから、子育て政策に登場するのは、ほとんど効率化を説く経済学者だけという誠に惨憺たる有様になっています。

そこに、営利目的の企業が参入し、大きな利潤をあげて成功を誇っている例もあることは私もよく知りませんでした。貴著により、それらの営利保育所の実情が具体的に報告されているのも貴重な資料です。

他方、私が思うには、幼稚園界にしろ保育所界にしろ、代表組織とされているのはみな経営者団体であり、族議員に陳情して補助金をもらうことだけが自分たちの使命と錯覚しているような気がします。

勢い、自己の団体の利益を守るのに汲々とする余り、協同して就学前保育・教育の意義を啓蒙し、正当な自己主張を展開する見識すら失われつつあるようにみえます。まして、保育者の専門性の主張と待遇改善については、めぼしい主張はきいたことがありません。これでは自他ともに心細い限りです。

 私は、貴著の今回の主張の核心に多いに賛同します。早速、先日の私達のNPO講習回でも紹介させていただきました。私自身も、この問題を捨て置けないと感じ、4月始めに一書にまとめて公刊する予定でおります。その際は、献本させて頂くつもりですが、同憂の著書が世に出たことには大変嬉しい思いです。

藤永 保

 

カテゴリー: 「便利な保育園」, 保育・教育, 保育行政 | コメントをどうぞ

あの北本正章先生から賛同と激励のお手紙をいただく!

拙著『「便利な保育園」が奪う本当はもっと大切なもの』について、名著・ジョン・ロックの「子供の教育」を翻訳された、青山学院大学教授の北本正章先生からコメントが届きましたのでご紹介いたします。

 

北本正章先生からの手紙

(教育学・子ども学者・歴史家・青山学院大学教授)

2013年1月31日

さて、このたびはご著書『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの』(幻冬舎ルネッサンス刊)のご出版、おめでとうございます。

何といってもこのたびのご著書は、保育、幼児教育の現場フィールドで長年、親子の現実を見てこられたお立場からの問題提起ですので、迫力がありますし、説得力があると感じました。

公的補助で保育サービスを上から整備すればするほど税金がかかり、伝統的な育児のネットワークが遮断されやすくなり、サービスに依存し、子育ては親自身が責任を持ってすると言うことが本末転倒のサービス論になってしまい、親の育児能力が低下するというパラドックス、これは、男女共学の拡大や、女性の社会進出を政府が主導し、女性や若者の労働力を安く買いたたく企業に加担した近代福祉政策の罠なのだということ、「意図と結果のパラドックス」(マックス・ヴェーバー)なのだということが、説得力あるメッセージとして響いてきます。

そして、こうした問題提起に対してはすぐに、女性を家庭に囲い込む保守的発想であるなどとレッテル張りをする人が教育学者やジャーナリズムに少なからずおりますが、長田先生の問題提起は、保守とか革新という枠組みを超えたもっと根源的で普遍的な教育の本質に近いところでのものであると、小生などは受けとめています。

そして、歴史家として見た場合、いつの世も、どの社会も、真実を探りあてる人はいつも少数派です。正しいことがすんなりと多数派の賛同を得ることは滅多にありません。しかしそれでも、教育の真実の近くまでたどり着いた人は、諸困難と無理解の中でも、正しい真実を訴え続けるというミッションを帯びます。わたしは、少数派の周縁にいる者として、長田先生の実践と問題提起をそのように見ています。

わたしもだいぶ前の著作で、教育の近代化の中で、ヨーロッパ諸国では、育児と教育が次第にエキスパートに依存するようになってきたために、子育ての必須基盤を構成する親の育児能力が低下してきているのではないかということを問題提起し、その書評が日本教育学会の紀要「教育学研究」でも取り上げられたことがあります。長田先生のご著書では、こうしたエキスパート化が、もはや歯止めがきかないほどの大きな力となって子どもの育成環境に危機的にはたらいていることが、よく読み取れます。

政治家や行政者のように年度年度の予算枠的な発想、あるいは次の選挙のためにしか教育のことを考えない人たちがこの切実さを正しく理解できていないことに、もどかしさを感じている人は多いと思います。

今回のご著書の問題提起に対して、厚生省の心ある官僚と、それを支えるエキスパートの方々、教育学や子ども学の専門家や研究者はしっかり目を見据えて、応援していかなくてはならないと思っています。

今日の保育、とくに最初の3年間ぐらいの子どもの教育—とそれを支える若い夫婦の雇用の安定—についての問題提起と、実践に根ざした解決策の二つの部分それぞれが、心ある保育実践者や為政者、研究者の間で、そして何よりも世の親御さんたちの間で主体的に共有されるよう、わたしも、未来の父親、母親である学生たちに本書の問題提起を伝えていく所存です。いずれ課題図書として授業や研究会などで読み広げてゆくつもりです。

頓首再拝

2013年1月31日

北本正章

カテゴリー: 「便利な保育園」, 保育・教育, 保育行政 | コメントをどうぞ

『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの』が増刷となりました。

『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの」が増刷となりました。新宿紀伊国屋書店では、保育フェアーが行われており、そのコーナーで販売されていました。全体がピンクやブルーの表紙の保育関係書籍の中に、グレーの本が積まれているのですが、ちょっと場所が違うと思いました。

この本は、どちらかというと、社会学の部類に入ります。政治や行政の問題です。書店担当者の方が、この本を読んで、展示場所を変えてくれるとよいと思いました。

 

カテゴリー: 「便利な保育園」, 保育・教育 | コメントをどうぞ

主任と園長が、イタリア、レッジョ・エミリア研修に出発しました。

かねてから、共励保育園の職員をイタリアのレッジョ・エミリアに派遣したいと思っていましたが、利根川さんのご紹介を受けて、研修が実現しました。第2次大戦後、brick by brik 合い言葉に、町の再興を幼児教育から始めたレッジョ・エミリア市の努力は、タイムズ紙などで取り上げられ、世界各国から見学者が後を絶ちません。一般的には3年はかかるということですが、今回、本当に利根川さんのご紹介を受けたために、幸運が舞い込みました。

参加するのは、共励第一保育園の園長と鈴木恵子5歳児主任です。鈴木先生は、今年度ミス日本グランプリを受賞した鈴木恵梨佳さんのお母さんで、フィンランドメソッドのマッピングを5歳児の保育に展開し、その劇遊び活動は、現在博士論文の対象になっています。

さて、どんな収穫があるか、楽しみです。ローマの休日も加わって、オードリー・ヘプバーンよろしく、バイクでローマの街を走るかもしれません。その昔、共励第三保育園の小堀先生が、夏休みにローマに行って、あの階段でアイスクリームを食べていたら、熱射病になり、救急車で病院に運ばれたという事件がありましたが、今回は3月ですから、そんなことはないと思います。しかし、トラベルはトラブルです。どんな事件が起こるか。遠く離れた日本で、心配と同時に楽しみにしています。

カテゴリー: らくがき, 保育・教育 | コメントをどうぞ

主任会議が終わりました。意味のある会議でした。

この主任会議が開催されるようになって何年になるのでしょうか。1989年に総合保育が開発されるようになってから、共励保育園の保育について、その意義をまとめるための会議を八王子市にある大学セミナーハウスで宿泊研修を行ったことがスタートでしたが、それから、毎年、保育展の後に行っています。

昨年は、子供たちの発達と自分づくりの一覧表のまとめで、大きな成果が得られましたが、今年は、現在の保育の状況を振り返るという形で、保育のあり方を見直しを行いました。リストアップされた問題について、時間をかけて話し合いました。

保育カリキュラムを立案する段階での主任の役割とチームの関わり方、チームへの課題の出し方、コミュニケーションの取り方のキーポイントが話されました。

保護者へのお願いする内容に無理はないか、保護者にお願いすることが保護者にとって意味のあることになっているか、などのポイントについて確認し合いました。

保育については、「シルエット」「観察画」「家族画」などについて、保育方法や子供たちへの働きかけ、言葉がけなどについて、議論されました。

このようなポイントについて、細かに反省していくことが大切だと強く想いました。やはり経験が意味を持ちます。共励保育園は、こうした話し合いが積み重ねとなって、保育の蓄積ができていきます。これが保育文化となっていきます。

カテゴリー: 保育・教育 | コメントをどうぞ

今年の保育展も多くの参加者で賑わいました

2月17日(日)に共励保育園の保育展が開催されました。

「子供の楽園」と称したこの保育展は、共励保育園の一年間の保育の全てが展示されます。

0歳から5歳までの、子供たちの発達が理解できるような展示になっており、その年齢に応じた保育・教育の実際が、当日参加した子供たちの遊んでいる様子から理解できるようになっています。

特に、親の理解と協力を得て、初めて実現できる保育・教育については、これはやはりお出でいただき、直接感じていただくことによってご理解いただけるのではないかと思っています。来年も開催いたしますので、是非足をお運びください。

共励第一保育園には全部で753名の方に参加いただけました。その内、保育関係者75名、その他51名、共励保育園の園児・保護者・家族で627名となっています。

品川区では、ここ5年連続で保育関係者が見学にお出でになります。4年前は3名、3年前は10名、2年前は30名、昨年は60名、今年はどうも、80名近くになっています。数が合わないのは、約50名が共励第二保育園、第三保育園に分散されたからです。

(3つの保育園に見学に来られた保育関係者は、全部で120名にも及びました。)

なぜ、こんなに一つの保育展に繰り返し、繰り返しお出でになるのでしょうか。品川区の保育士の先生が目指している、または実現したいと思っている「つながる保育」の実際が、共励保育園の保育展に見ることができるからと聞いています。

今年は、区の現在の部長さん、その前の部長さん、元埼玉県教育委員会委員長の松居和先生、宮崎県からお出でになった「よいこの森保育園」の副園長先生、埼玉県の「汽車ぽっぽ保育園」の渡辺園長先生、そうか草花保育園の川島園長先生と、保育行政について、熱く語ることができました。そこへ、衆議院議員の萩生田光一先生が加わり、今後の保育のあり方、自由民主党の保育施策、安倍総理大臣がどのような方向に家族・保育施策をもっていこうとしているのか、というような話も加わり、実のある意見交換ができました。

どの方達も、共励の保育方針に賛同してくださり、共に手を携えて、日本の子供たちのために努力していこうとことになりました。共通する意識は、「このままでは、日本の子供たちがアブナイ!」でした。

拙著「便利な保育園が奪う本当はもっと大切なもの」について、いろいろな意見が出、この本をきっかけに、いろいろなところで保育について議論を広げることが大切であるとの松居先生の意見です。

既に松居先生は、自民党の議員先生方に本を配っており、萩生田先生は、党の保育部会でこの問題を取り上げることができるよう努力をされるとのことでした。

宮崎県では、この本については感心が高くなっているとのことです。いよいよ、保育問題について、本当のことを語れる準備が整いつつあるようです。私も頑張ります。

最後の拙著「便利な保育園が奪う本当はもっと大切なもの」の宣伝です。

八王子市内のくまざわ書店で、「売れ筋ベスト10」の中に入っていると、ブルガリア出身で共励保育園にお子さんを預けている鈴木ゲルギナさんが報告してくれました。

増刷も決まりました。この本を多くの人が読んで、保育について考えていただけると嬉しいです。

 

 

カテゴリー: 「便利な保育園」, 保育・教育, 保育行政 | コメントをどうぞ

「便利な保育園」が奪う本当はもっと大切なもの」が出版されました。

共励保育園の主任の先生たちと、「子供たちの発達と自分づくり」の表をまとめ上げ、その表の解説を文章にまとめ上げ、出版しようと3年がかりの努力を重ねてきました。

ところが、平成24年に、新しい保育システムに関する法律が国会を通り、いよいよ規制緩和が広がって、株式会社が保育事業に参入してくることが明らかになりました。

そこで、それぞれの年齢の発達の冒頭に書かれていた保育施策の問題点について、抜き出して一冊の本にした方が良いとの結論になり、その部分をまとめたのが本書です。時期的には、保育制度が変わるときに、広く日本の皆さまに保育問題を深く考えて頂こうと、1月の15日の発売となりました。

ノマドワーカーのイケダハヤトさんも、この本を読んで下さい、次のような紹介をイハヤト・書店で紹介下さっています。

『これは多くの方に読んで、ぜひその賛否と解決策について考えてもらいたい作品です。保育に携わる方はもちろん、子どもを持つ親、経営者の方にもおすすめの一冊。』

既に、イケダハヤトさんのツイッターには賛否両論が渦巻いているとのことです。

保育システムがきちんと機能するには、働き方の見直しが大前提です。ワーク・ライフ・バランスが叫ばれているのに、子供を預けることばかりが優先される世の中の傾向です。

EUでは、「家族責任」という概念を確立し、親が家族に対して責任が負えるような働き方や子育て支援が実施されています。オランダでは1.5稼働政策が実施され、お父さんとお母さん二人合わせて、1.5人分の働き方で常勤正社員となれます。デンマークでは、午後の四時には親は仕事を終えなくてはならないという法律ができています。午後5時には、保育園には子供たちは見あたりません。

これも、みんな家族の大切さを理解したことから発せられる施策です。核家族で、目一杯八時間働くと、家庭を成り立たせる時間と余裕がなくなること、家族が壊れると社会制度では補えないこと、夫婦二人そろっていても、子育てをするのは大変であること、などを理解した上での保育施策であり、労働施策だと思います。

日本の社長さんや経団連の方々も、少子化で労働者が減ることばかりに目がうばわれているようですが、早く目を覚ませてもらいたいものです。

 

カテゴリー: 「便利な保育園」 | コメントをどうぞ

八王子のくまざわ書店で売られていました。

八王子のくまざわ書店で「便利な保育園」が奪う本当はもっと大切なもの」が売られていました。山本さんから聞いたので、書店まで行って、写真を撮ってきました。



昨日は、宮崎県すぎのこ保育園副園長先生から本の感想をいただきました。経済学者が勝手なことを言っているのに、保育団体は何もしない!と憤っておられました。保育展に是非来たいとのメッセージもいただきました。

平成10年度の総合保育に研究所の所長さんとして、保育に加わってくださいました、レントゲン技師の星加さんからは、次のような手紙が届きました。特に、孔子の解説には説得されました。

紀元前の中国の思想家、孔子の住んでいた世界はもっと人間らしい世界だったのでは、と思わせられる文を論語の中に見る事ができると思います。その一文は次のように言っています。

「仁」の基礎は「孝」であり、「孝」の基礎は親が子に与える「三年の愛」である。

この文が今から2500年ほど前にまとめられ、語り継がれ残ってきたことは、子を育むエッセンスの様なものと考えられ、残っているのだと思います。(中略)日本の若い子育てをしている人達への「ガンバレ若いお母さん」への応援の声となるにふさわしい本と思います。この本が、一人での多くの方に届けばと思っています。

 

 

カテゴリー: 「便利な保育園」 | コメントをどうぞ

保育展のご案内

子供の発達がわかると、子育てが面白くなるよ!

共励保育園の保育展には、

0歳から5歳までの

1年間の子供たちの成長がずっしり詰まっています。

(保護者アンケートから)

作品に取り組むまでに、活動やストーリーがあり、

階段を登るように、子供たちが考えたり、

学んだりしながら、

力を身に付けています。

だからこそ、やったー、できたー、という気持ちが

子供たちにあるんですね!

0歳児・ウサギさんニンジンどうぞ!

2歳児・焼き鳥屋さん

3歳児・アクセサリー屋さん

4歳児・得意技ステージで(回転模様)

5歳児・ドクロでショック

アンケート

カテゴリー: 保育・教育 | タグ: , , | コメントをどうぞ